fc2ブログ

麦秋の父

(=∀=)きれいに石鹸で洗った、シャボンの匂いのするマラが好きと言う人が大半でしょう。(*´ω`)┛でも、仄かに汗やホコリや、オシッコや雄の香が混ざり合ったマラの臭いもそそられと言う人もいると思います。( ̄^ ̄)ゞ(それって、同意を求めてるんでしょ?(^-^)/)ドキッ!...

夏初め

だいぶ開きました。五月も十日過ぎました。初夏です。気持ちんこ良い、風薫る季節です。草に寝転べば、ちんぽこにも草の芳しい匂いがつくでしょう。勃起すれば、カリはピカピカ薄暑光。さあ、おっ立ててみてください。...

冬はじめ

 立冬も過ぎましたね。何か、うっかりしてる間に冬に入ってたという思いです。晩秋の頃とそう変わりないから、まだ晩秋の感じですが。日一日二日と過ぎて行くうちにだんだんと冬らしくなって行くのでしょう。初冬の、まだ晩秋の雰囲気を残したこの時期を味わいたいと思います。 尿漏れは、実際にはまだです。トイレに行きたいのを我慢してて、先っぽから「チロッ」「チョボ」と、数滴分くらい出てしまうことはちょいちょいありま...

冬近き

 まらに 初めて白髪を見つけたのはいつの齢だったろう。いつの齢だったかもう忘れてしまった。四十代には1,2本はあったかもしれない。それまでは無かった。その頃に付き合ってた京都のお爺さんから「白髪があるよ。」と言われたことがないから。お爺さんは七十代後半でも白髪は一ッ本も無かった。それが自慢だったようで「僕はち〇ぽに白髪は一ッ本もない。」と、スナックでも言ってたことがある。みんなが「ウソ~!」「イー...

晩秋の日差し

 昨日は木枯らし1号が吹いたとニュースで聴いた。朝、病院へ行くときの風は北風で、ほんとに冬がもう来たんだと思った。今日も気温こそ低いが、昨日と違って風が無く、日差しが穏やかだ。まだ晩秋である。せめて立冬くらいまではあまり寒い北風は勘弁してほしい。越中を締めたら、窓からの日差しに越中が眩しいくらい耀いた。それを詠んでみた。     晩秋の日にふんどしの耀けり...